東京では条例によって、飲食店はほぼ禁煙になるという。

私はたばこを吸わないので、飲食店に入る時、まったく気にしないのだが、お客さんが喫煙者の場合は必ず喫煙可能なお店を選ぶ。

後から確認すると、「別に禁煙の店でも良かったのに」って言われることもあるが、最初から禁煙店を選ぶことはまずない。

では、パチンコ店だった場合はどうだろうか。
そもそも一人で行くことが多いパチンコ店において、他人に気を遣うことが無いので、自分の勝手で行く店を決めるとして、非喫煙者の私はどこを選ぶか。


それは、紛れもなく、「勝てる店」だろうね。

喫煙者でも、勝てれば禁煙店を選ぶし、非喫煙者でも勝てるなら喫煙店を選ぶ。
だから実際あんまり関係無いんですよね。

では、ホール側から見ればどうか。
儲かる店、しいては客が集まる店は喫煙店か、それとも禁煙店か。

こう考えると、答えは「喫煙店」だろうね。


喫煙店が儲かるということは、客は負ける…、ということは禁煙店は勝てるのか?????
じゃ~禁煙店が勝てる店じゃないの???

これも否。だって、正解は「どっちも負ける店」だからね。
それを言っては元も子もないけどね…。なので、結局は喫煙者は喫煙店に行くし、非喫煙者は禁煙店にいくんでそうね。で結果的にパチンコユーザーは喫煙率が高いから、禁煙店の客が多いため、喫煙店の方がホールとして儲かる店になるんだろうね。

これは非常に分析が難しいが、ホールとしては、客が集まらないんだからあえて禁煙店を営業するメリットはない。

では、なぜ法令で決まる前から、禁煙店が生まれてくるのか。
その理由としては、
①将来、全店禁煙義務化に向けての準備
②法人のブランドアップ
③非喫煙者を狙ったニッチな商法


①はやっぱり時流と考え、あっただろうね。客がどのように減るか、もしかしたら非喫煙者の新規顧客が増えるかも、など、いろいろサンプルも欲しいしね。
②はほんとに余裕のある法人ではあり得るかもね。マルハンなんか、難波で2店舗営業できるのも正に資金力有り気だからね。どちらかを閉める判断を迫られた時は禁煙店だろうね。
③も余裕のある法人じゃないと無理かな。ダイナムとかね。結局オープンの時に客に勝てるイメージ付けれれば店としても勝ちだからね。

ま、最終的に全店禁煙になったとしても、パチンコ好きは負けに行くだろうね。パチンコ店が禁煙になったからって煙草をやめる人なんて、絶対いないと思いますよ。
スポンサードリンク