CR今日もカツ丼が甘すぎてパチンコホールが粗利を取れないとのことで、回収になるようです。

しかし、これには、2つの問題があります。
①甘くなったのは、メーカーの意図していた事なのか。
②そもそもホントに甘いのか

まず①。
私の憶測ですが、おそらく、ある程度は甘めに納品していたのではないかと思います。
そもそも、パチンコメーカーは機械を売ってさえしまえば、その後機械がどのように設置されていようが、知ったこっちゃありません。その機械で、ホールが儲けようが、客が儲けようが、どうでも良い。

ホールが儲けまくれる機械なんて、年に数機種しか出ないので、導入後、そこそこ儲けて、客離れしたら、撤去が通常の流れです。

甘くした意図としては、液晶付きのいわゆるセブン機では、太刀打ちできない弱小メーカーのあがきでしょう。
ちょっとでも役物機に客が付いてくれれば、今後メーカーとして生きていく道がある。

役物機の市場拡大を担った苦肉の策だったのではないでしょうか。役物機に限らず、このような意図的に甘くするようなことは、今までもやってきたメーカーはある。

そう、京楽ね。自社機に客を付ける為に、話題機は軒並み甘かったもんね。冬ソナ・仕事人・AKB。
でも、それは問題にはならなかったよね。だって、ずーっと人気で、客離れしなくて、最終的には粗利確保できていたからね。


そう、SISデータ上はね。大手は何の問題もないんですよ。


実際は弱小ホールは機械代回収できていないホールもあったからね。だから弱小ホールは京楽嫌いなんだよね。
でも京楽も、弱小ホール相手にしてなかったから、当時は問題なかった。ブランドが無くなった今は大変だけどね。

ということで、やりすぎると怖いことになるが、意図的に甘くするのは、ある程度は有りだと思います。

次に②。
これの真意は分からないね。
甘かったよ。SISデータ上はね。そう、大手は、困ったんだろうね。
でも、ちゃんと機械ケアしている弱小ホールは調整しつつ、ちゃんと粗利取っていると思うよ。

役物機なんだから、バラツキはあって当たり前だし、傾斜もしっかり設計しないと、そら台は荒れるよ。
現に、今はSISデータ落ち着いてるんでしょ。

ちょっとユーザーにボーナスあげたと思って、引き続き使った方がいいよ。
でも、自称プロに持っていかれたのが腹立つんだろうな。


1台数十万する買い物なんだから、ちゃんと機械ケアして、営業しましょうね。役物機の市場拡大のチャンスを棒に振ったのは、あなたたちパチンコホールなんですからね。

ま~、結局は店内移動でしかないけどね。
スポンサードリンク