パチンコ業界情報ブログ

あまり知られていないパチンコ業界の専門用語・知識・裏情報などをブログで紹介します

    以前にも話題に挙がったことがありましたが、「日刊SPA」で取り上げられ、話題になっています。

    簡単に言うと、金を自動販売機で購入し、おまけとして、スロットが遊技できて、当ればまた金が払い出されるという仕組みです。
    【金の自販機】の続きを読む

    関東でチェーン店展開している、楽園が大阪に初出店して話題になっています。

    難波界隈も大阪駅に次ぐ激戦区で、マルハン・大東洋・123・ARROW…挙げればきりが無いほど、ぱちんこホールが沢山あります。
    【楽園なんば店に行ってきた】の続きを読む

    大阪一の繁華街である大阪駅周辺に大型店。



    どちらも関西資本の法人です。


    123は最近は全国にチェーン展開を行っています。

    京一は京都を中心にチェーン展開をしています。
    大阪駅界隈は長年、大東洋チェーン店の独壇場ですたが、近年、マルハンの梅田店も開店しましたし、123、京一と勢力図が変わってきています。

    業界内外問わず話題に挙がりましたよね。

    まずは機械の出来ですが、明らかに他機種と比べて画質が綺麗で、更に、演出の数もかなり豊富です。

    同時に導入される機種が一昔前に感じてしまうほどだったと思います。

    1時間に1回全台一斉に演出が同調するライブタイムがあるのですが、パチンコ本来としてはあまり評価できませんが、エンターテインメントとしての評価はかなり高いです。

    客に飽きさせない為に、このライブタイムの演出が毎週変わるようになっています。
    実際稼働も良好で、中小店舗でも1BOX導入していることも考えると、SISデータでアウトが50000個を超えているというのは絶好調と言えます。

    ただ、20万台近い台数が導入されていて、これだけの稼働をたたき出しているのに、パチンコ全体の稼働が微増でとまってしまっています。新規顧客の開拓がどれほど難しいかと言えると思います。

    先日、会社帰りにいつも行っているパチンコ屋さんが、リニューアルオープンして、0.5円パチンコを始めまていました。100円から遊技することができます。

    もちろん、コーナーは大繁盛。老若男女、様々な方が遊技されていました。

    空いている台をさがし、遊技開始。




    700円投資して、500円返ってきました。
    その時のあまり玉が2球あったのですが、爪楊枝をひとつ貰いました。


    悲しさを超えて、笑えてきました。


    この業界の未来が怖くなってきました。

    このページのトップヘ


    Copyright (c) パチンコ業界情報ブログ All Rights Reserved.
    プライバシーポリシー